Login / Register | Faq

RPAマスター認定
Automation 360

RPA認定試験について

Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナル準備 (Automation 360)

注意事項: Automation Anywhere Certified Master RPA Professional (Automation 360) 認定試験は、現在、Automation 360 の最新の製品機能と性能に合わせたアップデートが行われています。リフレッシュされた試験は、次のようにリリースされる予定です。 2022 年 1 月.RPA のプロフェッショナルは、最新の技術スキルを維持するために、リフレッシュされた認定を受けることをお勧めします。
定期的にこのページをご覧になり、更新情報をご確認ください。

この認定試験は、Automation 360の機能、関数、アプリケーションを使用したBot 構築の習熟度を検証します。

Master RPA の認定プロセスは、以下の 3 つのステップで評価されます。

  • Q&A 評価・テストこれは時間ベースのアセスメントで、50 問を 1 時間 40 分で、1 回のシーティングで完了する必要があります。この試験の合格基準は75%です。次のステップに進む前に、このステップに合格する必要があります。このステップに進めない場合は、リテイクのルールが適用されます。
  • Bot 開発テストQ&A アセスメント (ステップ 1) 合格後、2 週間以内に開発・提出が必要な Bot 使用事例が 3 つ割り当てられます。Bot の提出は時間制です。インプット、アウトプット、ステップを含む完成したBot は、2週間以内に提出してください。
  • 面接:Bot の提出後、受験者は面接を受ける場合があります。すべての候補者がこのステップに参加するわけではありません。

認定目標

  • 変数型、If パッケージアクション、変数パッケージアクションを使った Bot を構築する
  • レジリエントなロボットの構築に習熟していることを示す
  • Excel Basic、Advancedコマンド、Inline Scriptingを使った処理の自動化 (関数を作成し、関数を呼び出す)
  • Credential Vault で資格情報を作成する方法を説明する
  • 無人 E メールボックスからの E メール受信や E メール送信のプロセスを自動化する
  • API ヘルプへのアクセス方法を説明する

必須Advanced RPA Professional認定(Automation 360 )

  • 所要時間 : 1 時間 40 分
  • 形式 : オンラインによる Q&A 評価
  • 試行回数 : Q & A試験: 2 回
    Bot 開発試験: 1 回
  • 質問数 : 50 問
  • 合格スコア: : 75%
  • 費用 : 100 ドル

修了後に認定書を授与

認定ロゴ

Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナル準備 (Automation 360)

推奨される前提条件

RPA 認定アセスメントに最適な準備をし、成功させるために、以下のことをお勧めします。

推奨される前提条件となるトレーニングを完了する

  1. Automation Anywhere 認定アドバンスド RPA プロフェッショナル準備(Automation 360)
  2. Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナル準備(Automation 360)

Automation 360 のハンズオンを体験する

Automation 360 ドキュメントを読む

ブログとホワイトペーパーを読む

×