Login / Register | Faq

認定を取得して前進

世界有数のインテリジェント オートメーション
プラットフォームに関する RPA プロフェッショナル認定
Automation Anywhere の認定資格が今だけ無料で受験できます。RPA 認定資格に無料で挑戦できるチャンスは、2022 年 7 月 4 日から 2022 年 8 月 31 日までの期間限定。どうぞお見逃しなく。

RPA 認定

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) の認定やトレーニング プログラムの需要が高まっています。高い能力を持つ有資格の RPA 専門家は国内外で引く手数多です。なぜでしょうか?

RPAを導入した組織は、ERP データ入力においてデータの収集から記録、更新、処理、検証までワークフロー全体を自動化できます。トランザクションにかかる時間が数時間から数分に短縮されるため、生産性を最大化し、貴重な時間を戦略的な業務に集中させることが可能になります。2022 年末までに大企業の 90% が RPA を導入すると予想されています。組織に大きなメリットをもたらす RPA を使いこなせる従業員が求められます。RPA 認定により、自身の専門知識のレベルを確かめ、RPA を使いこなす能力を求める雇用主に自身の価値をアピールすることができます。

オートメーション・エニウェアの RPA 認定では、トレーニングと コースのあらゆる段階で受講者をサポートし、受講者がキャリアに自信を持てるように支援します。実践的な割り当ての作成や複数タスクの同時管理を学び、キャリアの加速につなげます。認定は 2 週間程度で取得できます。Automation Anywhere RPA 認定準備コースでスキルアップされることを強くお勧めします。

認定バッジをソーシャル メディアでシェアしたり履歴書に目立つように表示したりすることで、ライバルとの差別化を図れます。

Automation Anywhere は、多くの専門アナリストに RPA 業界のリーダーとして認められています。Everest Group 社の RPA Products PEAK Matrix Assessment 2021 において、当社はリーダーに選ばれました。5 年連続の選出です。また、ガートナー社のマジック・クアドラントにおいても、再び、「ビジョンの完全性」でリーダーに選出されています。

RPA 認定では、貴重なスキルを自分の経験に加えられます。認定のレベルに応じた学習を通じて、キャリアアップと新たな機会を実現できます。Automation Anywhere RPA 認定を取得して、今すぐスキルアップしましょう。

RPA のエキスパートになる

業界をリードする Automation Anywhere RPA 資格/認定は、開発者、IT 専門家、ビジネス アナリスト、プロジェクト マネージャーなど、組織の RPA の導入、構築、管理に関わる人々を対象としています。デジタルで自動化された未来を創造するという当社の取り組みが、この RPA 認定プログラムの根幹です。受講者は、RPA 認定の取得に向けて、認定取得準備のための教材を活用したり、豊富なコースウェア ポートフォリオを調べたりできます。

RPA 認定試験

オートメーション・エニウェアでは、次の 3 種類の認定を提供しています。

学生・教職員向けの「エッセンシャル RPA 認定」、社会人向けの「Automation Anywhere 認定アドバンスド RPA プロフェッショナル」、「マスター RPA プロフェッショナル」です。

受験をご希望の場合は、以下を参照して、試験を選択してください。さらに詳細な資料や情報については、 RPA 認定準備 に関するページをご覧ください。

エッセンシャル RPA 認定 (学生向け)

オートメーション・エニウェアでは、対象者に応じて認定を提供しています。大学生・教職員向けは、「エッセンシャル RPA 認定」です。これは、RPA を利用する組織での就職・昇進を検討する上でぜひとも取得すべきソフトウェア認定です。

certifications certifications
エッセンシャル RPA 認定 (学生向け)

エッセンシャル RPA プロフェッショナル

ビジネスの課題を解決する RPA 技術の価値や利用方法を説明する能力を検証します。

目標:
  • 自動化の過程における RPA 開発ライフサイクルの範囲とフェーズについて説明する
  • 自動化対象のビジネス プロセスを Discovery Bot で特定する方法について説明する
  • Automation 360 のさまざまなアクションとレコーダーを使用して、ビジネス プロセスの自動化に対応するソフトウェア Bot を作成する
  • Automation 360 を使用して例外処理用の Bot 内にレジリエンスを構築する方法について説明する
  • 再利用可能コードで Bot を作成して複数のビジネス機能に展開する
  • Bot で処理されたデータのビジネス インサイトをリアルタイムで表示するスマート ダッシュボードを作成する
形式:
  1. 試験
    • 問題: 複数選択問題 40 問
    • 所要時間: 60 分
    • 合格点: 80% (次のテストに進む条件)
  2. Bot 開発テスト
    • 実技: 提供されたユース ケースに基づいてビジネス プロセスを自動化できる Bot を作成する
    • 試行回数: 2
前提条件: 費用: 0 米ドル

Automation Anywhere 認定 RPA プロフェッショナル

Automation Anywhere University では、社会人向けに Automation Anywhere 認定アドバンスド RPA プロフェッショナルおよびマスター RPA プロフェッショナルを提供しています。どちらのレベルも Automation 360 と Enterprise V11 のプラットフォームで利用できます。

Automation 360 は、Web ベースでクラウド ネイティブの新しいプラットフォームです(旧称 A2019)。Automation Anywhere Enterprise V11 は、従来型のクライアント ベース プラットフォームです。企業は新機能と増えたメリットを活用するために新しい Automation 360 プラットフォームへの移行を加速させています。プラットフォームの違いの詳細については、 ドキュメント サイトをご覧ください。

アドバンスド RPA プロフェッショナル マスター RPA プロフェッショナル
認定 ビジネス アーキテクト
Automation Anywhere 認定アドバンスド RPA プロフェッショナル
(Automation 360) - 2022
認定 マスター認定
Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナル
(Automation 360) - 2022

Automation Anywhere Enterprise RPA プラットフォームに関する知識を評価します。

Automation Anywhere Enterprise RPA 製品を使用して Bot を作成する能力を評価します。

目標:
  • Automation Anywhere の製品群について説明する
  • Automation 360 の各種機能について説明する
  • Automation 360 を使用してソフトウェア ロボット (Bot) を作成する方法を説明する
  • Automation 360 のアクション パッケージを使用して Bot を作成する方法を説明する
  • レジリエントな Bot の作成方法を説明する
  • 現実のビジネス上の問題に対して自動化がどのようなソリューションを提供できるかを説明する
目標:
  • さまざまなパッケージ アクションを使用して Bot を作成する
  • 適切な変数型を使用して各種データを処理する
  • レジリエントでスケーラブルな Bot を高い熟練度で作成する
  • プロセスを自動化する
    • Excel の基本操作と高度な操作を使用する
    • 無人メールボックスでメールを送受信する
  • 外部スクリプトを使用する Bot を作成して Automation 360 の機能を拡張する
  • 機密情報を安全に取り扱うための資格情報コンテナおよびロッカーの使用方法をデモで示す
形式:
  • 試験
    • 問題: 複数選択問題 60 問
    • 所要時間: 2 時間
    • 試験の種類: オンライン
    • 合格点: 80%
    • 試行回数: 2
形式:
  1. 試験
    • 問題: 複数選択問題 50 問
    • 所要時間: 1 時間 45 分
    • 合格点: 80% (次のテストに進む条件)
    • 試行回数: 2
  2. Bot 開発テスト
    • 実技: 提供されたユース ケースに基づいてビジネス プロセスを自動化できる Bot を作成する
    • 試行回数: 1
前提条件:
  • 推奨コース:
    • Automation Anywhere Product Landscape (Automation Anywhere 製品の概要)
    • What's Different in Automation 360 (Automation 360 の違い)
    • Automating Tasks Using the Automation 360 File and Folder Action Packages (Automation 360 の [ファイル] および [フォルダー] アクション パッケージを使用したタスクの自動化)
    • Automating Tasks Using the Automation 360 Email Package (Automation 360 の [E メール] パッケージを使用したタスクの自動化)
    • Overview of the Commonly Used Automation 360 Packages (一般的な Automation 360 パッケージの概要)
前提条件:
  • Automation Anywhere アドバンスド RPA プロフェッショナル認定 - 2022
  • Automation 360 Community Edition を使用した Bot 作成の実践演習
認定準備
Automation Anywhere 認定アドバンスド RPA プロフェッショナル準備 (Automation 360)
認定準備
Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナル準備 (Automation 360)
費用: 0 米ドル
費用: 0 米ドル

準備ガイド

Automation Anywhere 認定と資格について

このページでは、Automation Anywhere University RPA 認定試験の概要を説明し、詳細情報へのリンクを掲載しています。

RPA 認定準備

Automation Anywhere University では、世界的に認められている 2 つのレベルの RPA 認定を社会人向けに提供しています。これらの認定は、RPA の知識とスキル熟練度を証明するものです。

  • アドバンスド RPA プロフェッショナル
  • マスター RPA プロフェッショナル

ベストな試験対策として、推奨される準備学習トレイルを完了し、ドキュメントを読み、RPA コミュニティ リソースを活用し、Bot 作成のスキルを練習してください。

Automation Anywhere 認定アドバンスド RPA プロフェッショナル (Automation 360) - 2022

認定試験準備

Automation 360 Enterprise (V11)

Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナル (Automation 360) - 2022

認定試験準備

Automation 360 Enterprise (V11)

資格

資格の申請

RPA 認定試験に合格すると、資格 (デジタル バッジまたは証明書) を受け取ることができます。認定試験に合格した方には、オートメーション・エニウェアのデジタル バッジおよび証明書パートナーの Accredible からメールをお送りします。このメールで資格の表示やダウンロードに関する詳細をご確認ください。

ソーシャル メディアでの資格の表示

証明書とバッジをソーシャル メディアのプロフィールに掲載すると、多くの人に学習実績を示し、オートメーション・エニウェアのインテリジェント オートメーション プラットフォームに関する習熟度を証明することができます。

また、履歴書、名刺、LinkedIn のプロフィールに証明書アイコンを表示することも可能です。

詳細については、 よくある質問ページをご覧ください。

RPA を学ぶ: 学生・教職員の即戦力スキル

企業はコスト削減、サービス品質向上、生産性拡大のために RPA を急速に導入しています。RPA スキルの需要は飛躍的に高まっており、必要な RPA スキルを持つ学生は引く手数多です。オートメーション・エニウェアは、世界最先端の RPA プラットフォーム プロバイダーとして、成功と就職に必要な即戦力スキルを身に付けるように学生を教育している教育機関と教職員を支援しています。

学生の方: RPA トレーニングで将来作りを開始

トレーニングを受ける

最も需要の高いスキルのトレーニングを受ける

Automation Anywhere University の エッセンシャル学習トレイルでは、RPA の学習をすぐに開始し、Automation Anywhere RPA プラットフォームで RPA の基礎的なスキルを身に付けることができます。

Bot 作成プラットフォーム

最先端の Bot 作成プラットフォームを体験する

Automation Anywhere Community Editionで将来の構築を始めましょう。タスクを自動化する Bot を短時間で作成します。

認証を取得する

認証を取得する

世界的に認められている Automation Anywhere エッセンシャル RPA 認定により、将来の仕事やインターンシップに一歩近づくことができます。

コミュニティとつながる

コミュニティとつながる

A-People は、業界リーダー、開発者、RPA ユーザーが利用している最大の RPA コミュニティです。ぜひご参加ください。

自分のスキルを世界にアピールする

自分のスキルを世界にアピールする

Automation Anywhere Bot Store は、構築済みインテリジェント オートメーション ソリューションの最大のマーケットプレイスです。オートメーションのアイデアを形にして、自分のソフトウェア Bot をそのストアで共有し、世界を変化させてください。

教職員の方: アカデミック アライアンス プログラムで
将来の仕事を形にする

Automation Anywhere アカデミック アライアンスプログラムにより、教育機関は学生の即戦力スキル習得のためや履修コースとしてインパクトのある RPA カリキュラムを作成できます。大学、コミュニティ カレッジ、公開講座、技能再教育機関などと Automation Anywhere University が提携して、RPA の基礎知識と Bot 構築の実践スキルを教え、RPA の認定を受ける手段を提供します。

RPA のスキルをキャンパスで身に付ける

所属する教育機関を登録し、Automation Anywhere RPA プラットフォームの使用方法をクラスルームで学習し、RPA 資格を取得することができます。

RPA のカリキュラムをセットアップする

教育機関専用の学習コンテンツにアクセスし、学生のコア カリキュラムの一部として RPA を効果的に教え、統合し、将来即戦力となるスキルを身に付けさせることができます。

イニシアチブに参加するには、 こちらをクリックしてください。

×

よくある質問

RPA 認定
バッジと証明書の資格

RPA 認定

認定 RPA プロフェッショナルを取得するにはどうすればよいですか?

オートメーション・エニウェアでは、次の 2 つの RPA 専門認定を提供しています。

これらの認定の詳細や、認定取得までのプロセスについては、Automation Anywhere University の Web サイトで 認定の概要をご覧ください。

学生の方は、ニーズの高い資格である Automation Anywhere エッセンシャル RPA 認定を取得できます。詳細については、 学生・教職員のページをご覧ください。

A2019 バージョンを選択したのに、証明書とバッジに Automation 360 と表示されているのはなぜですか?

Automation 360™ は、以前は Enterprise A2019 と呼ばれていました。名称が変わっても、取得した証明書とバッジは引き続き有効です。バッジおよび証明書上の旧称 Enterprise A2019 は現在更新作業中です。

合格後に Automation Anywhere 証明書を取得するにはどうしたらよいですか?

コースを修了して認定試験に合格すると、登録されたメール アドレスに 4 時間以内に証明書が送信されます。

取得した RPA 認定はどのように活用すればよいですか?

取得した Automation Anywhere RPA 認定は、次のように活用できます。

  • LinkedIn プロフィールに認定を記載する (例: [実績] → [コース])
  • RPA を LinkedIn のプロフィールに「スキル」として追加して、同業者から推薦を受けられるようにする
  • 証明書の画像を Twitter、Facebook、Instagram、GitHub でシェアする

認定試験の受験料を支払ったら、合格まで何回受験できますか?

料金には、アドバンスド RPA プロフェッショナル認定の 2 回の受験料が含まれています。マスター RPA プロフェッショナル オンライン試験の場合も、2 回受験できます。ただし、この料金で提出できる Bot は 1 回のみです。

認定試験がロックされていますが、どうすれば解除できますか?

試験がロックされている場合は、許容される受験回数を超えている可能性があります。アドバンスド RPA プロフェッショナル認定を再受験するには、再登録と 50 米ドルの支払いが必要です。これにより、さらに 2 回の受験ができます。マスター RPA プロフェッショナル認定試験を再受験するには、再登録と 100 米ドルの支払いが必要です。これにより、さらに 2 回の受験とさらに 1 回の Bot 提出ができます。

マスター RPA 試験で Bot を提出しましたが、まだ結果を受け取っていません。

Bot 提出後、提出日を除いた 3 営業日以内に結果をお知らせします。5 営業日を過ぎても結果が通知されない場合は、AAU お問い合わせページから結果についてお問い合わせください。

Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナルの - 2022 Bot 再提出リンクを受け取りましたが、リンクが機能しません。

最初の Bot 提出が不合格だった場合は、Automation Anywhere 認定マスター RPA プロフェッショナルの - 2022 Bot の再提出に 1 ヶ月の待機期間があります。さらに、100 ドルの支払いが必要です。

バッジと証明書の資格

デジタル バッジとデジタル証明書とは何ですか?

デジタル バッジとデジタル証明書は、学習実績をオンライン上で表現するためのものです。Automation Anywhere University バッジは、学習トレイルを修了したときに取得できる RPA ロール ベース コンピテンシーを表しています。

デジタル証明書は、Automation Anywhere デジタル ワークフォース プラットフォームでのスキルと知識ベースの Bot 作成コンピテンシーを表しています。

バッジと証明書のどちらも、検証された情報を含む Web 対応資格です。雇用主や第三者は、これらの資格に基づいて個人のオートメーション・エニウェア製品/サービスに関する能力を評価できます。

デジタル バッジおよび証明書のメリットとはどのようなものですか?

デジタル バッジおよび証明書は、自分のスキルや熟練度を示すために使用できます。自分の RPA コンピテンシーをオンラインでシェアするためのシンプルで管理しやすい方法であり、便利で信頼できます。

自分の資格はどのようにデジタル バッジとして表示されますか?

オートメーション・エニウェアは、提携パートナーの Accredible の資格基準を活用して、学習者にデジタル資産を提供しています。学習者は自分の能力をアピールできます。Accredible の機能により、個人はオンラインで資格の管理、シェア、表示ができます。

Accredible とは何ですか?

Accredible は、Automation Anywhere University が個人の検証済みデジタル証明書をホストするために使用しているプラットフォームです。

デジタル証明書に費用はかかりますか?

バッジまたは証明書を取得したすべての Automation Anywhere University 登録ユーザーの Automation Anywhere デジタル バッジおよび証明書の保存、管理、シェアは無料です。

バッジや証明書の取得資格を得たら、バッジや証明書をリクエストする必要はありますか? それとも自動的に送られてきますか?

すべてのバッジと証明書は、Accredible プラットフォームを介してオートメーション・エニウェアによって自動的に発行されます。

バッジ/証明書は、必要な試験に合格した後に発行され、登録されたメール アドレスに 4 時間以内に送信されます。バッジの受け取り方法を記載したメールが learning@automationanywhere.comから届きます。

デジタル バッジ/証明書はオンラインで簡単にシェアできますか?

オートメーション・エニウェアのバッジ/証明書は、LinkedIn、GitHub、E メール、個人 Web サイト、個人ブログでシェアできます。証明書検証リンク ( https://certificates.automationanywhere.comなど) により、Accredible 上で資格とプロフィールを他のユーザーが確認することができます。オートメーション・エニウェア製品/サービスの熟練度を証明するのに最適です。

LinkedIn のプロフィールに自分の資格を追加するにはどうすればよいですか?

資格を PDF でダウンロードして印刷したりオンラインで共有したりすることはできますか?

はい。Accredible.com の オートメーション・エニウェアのページにサインインすれば、資格を選択し、[オプション] セクションの [PDF をダウンロード] をクリックしてダウンロードできます。バッジはソーシャル メディアでシェアできますが、ダウンロードはできません。

バッジを公開したくない場合はどうすればよいですか?

自分の情報は自分で管理でき、プライバシー設定も簡単に行えます。Accredible の オートメーション・エニウェアのページにアクセスしてください。サインインしたら、資格ページにアクセスし、[Options] (オプション) セクションにある [PUBLIC - Change Privacy] (パブリック - プライバシーの変更) リンクで資格のプライバシー設定を変更できます。

証明書/バッジがまだ届いていません。送ってもらえますか? どのくらいかかりますか?

通常の処理では、1 営業日ほどかかる場合があります。4 時間以内にバッジや証明書が届いていない場合は、まず迷惑メール フォルダー内を確認してください。お問い合わせは、AAU お問い合わせページからお送りください。

バッジ/証明書をダウンロードできません。どうすればアクセスできますか?

バッジ/証明書を取得したという通知を受け取ったら、 Automation Anywhere Accredible ページからダウンロードしてください。ダウンロードの問題が解決できない場合は、 お問い合わせページからお問い合わせください。

証明書の氏名が間違っています。どうすれば変更/訂正してもらえますか?

Automation Anywhere Accredible ページにアクセスし、アカウントにサインインしてください。サインインしたら、名前変更のリクエストを送信できます。

RPA の認定を取得して前進

Forrester

RPA 市場は 2021 年に 29 億ドルに達します。

出典: Forrester

Forrester

Upwork

ロボティック・プロセス・オートメーション (RPA) は、米国のフリーランス求人市場において急成長 3 位のスキルです。

出典: Upwork による四半期調査

Upwork